2009年06月19日

教育実習レポート

ozawa-fielding01.JPG

こんにちは!!  #10小澤です!!



昨年、靭帯を切ってしまった膝の調子もだいぶ良くなり、
まだ本来のプレーとはいきませんが、動けるようになりました。

チームには多大な迷惑をかけ、キャプテンとしてもカイツに貢献することができず、本当に申し訳ないです。

不甲斐ない自分に腹が立ってしょうがないです。

それでもチームはもう8月の日本選手権の1次予選に向けて動き出しています。

立ち止っている暇はないし、前を向いて走っていくだけです。





では、本題ですが、5月26日から3週間の教育実習が終了しました。

というよりも、終了してしまいました。


この3週間は自分が生きてきた中で、1番時間が過ぎるのを早く感じました。


基本は指導案を書くのに時間を追われ、
睡眠時間もあまりとれず、
キツイと感じることもありました。

そして、自分の未熟さを思い知らされるばかりでした。


でも、苦に思うことはなく、毎日学校に行くのが楽しくて仕方がありませんでした。


実習を通じて、教師としてだけではなく、

人として学ぶことがたくさんあり、

沢山の貴重な経験をすることができました。


その経験は他の人にはなかなかできない一生の財産です。


あと、何よりも生徒のみんなからもらった、言葉と2枚の色紙は最高の宝物になりました。

お世辞でもみんなが書いてくれた言葉は自分に勇気を与えてくれます。

落ち込んだときは見返してパワーをもらいたいと思います。






と、まあ教育実習での経験は自分を変えるきっかけになったと思うし、
これから頑張ろうという気持にさせてもらいました。


今後の小澤に期待ということで。












今年も熱い夏になりそうです。
posted by 茅ヶ崎サザンカイツ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 小澤 直人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29897333
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック